音楽の秘密 秘伝ノート Chromatic Mediants = Triad pairs = alt + Chords scale motion jazz for dummies

ブログ閲覧の方へ White note mode=調性とは音楽の基礎。このことを忘れて様々な理論は成り立ちません。そしてChords scale motionが最重要  ・Chromatic Mediants = altered = Triad pairs = Chords scale motion + modal interchange = Superimposition + melo minが重要  ・基礎的な音楽理論はAXIS System  音楽と宗教の歴史を考えるなら仏教やキリスト教にも

デスクダウンPC ドカ置きホコリまみれw

うちのPCはデスク下に置いて居るためフラッシュで映すとホコリまみれw
まあどこもいっしょでデスクの下は汚いw
デスクトップは邪魔で仕方ないので、デスクダウンPCです。
 
しかもファンの音が煩いのでこれが顔の横にあるだけで不快そのもの。
パソコンはデスクの下がちょうどいい。多少のファンの音も気になりません。
 
 
ケースはゴミハイエンドケースを1円で落札w
1000円の送料でした。
もとは2万クラスのアルミハイエンド用ATXケースです。
ハイエンドケースおススメです。ハイエンドケース自体かなり高いけど、ゴミを買って洗えば繰り返し一生使えるw
 
それを端子系全て外して丸洗いして使っていますが、このフレームはかなり気に入っていますwフレーム自体がかなりしっかりしているので、これからもたぶんずっとこのフレームは使って行くので、残りの人生死ぬまでこれかもw
フレームだけの方が遥かに扱いやすいw
全塗装されているので、汚れたら丸洗いできるのも素晴らしい。スチール?良く分からないが超軽量。天板も網になって放熱性もばっちり。熱は上がっていきますからねw
あとBluetoothドングルは上のUSBを使った方が多少電波状況改善する様子。
 
手前に空っぽのMicroATXケースを置いて置き、足置き場にしていますw
基本PCは足置き場だったので、無いと寂しいw足置き場的にはMicroが最高の高さですw

 

Dos/Vと言われた時代からの自作経験30年で様々なサイズを使ってきた私的にはATXケースが一番扱いやすいと思います。ATケースはでかすぎる。ATX以下は全て小さすぎる。やはりATXが一番ちょうどいい。ハイエンドグラボは全てATXマザーなんで。マザー選びでケースに合わせて悩むのも面倒。しかし足置き場はMicroATX
 
そして30年経験と蓄積で最良の結果がこのフレームのみスタイルです。
そしてスペース、音の問題、熱処理的にもデスク下以外は考えられない。
あと足置き場は別途何かしらを用意w
MicroAXTがちょうどいい高さなんで、昔からMicroATXに拘っていたが、作業がかなり辛い。まあ空っぽの足置き台専用ケースとして使えばいいことに気が付いてから別利用ですが、そういうグッズを売れば売れると思うけどまあ要らんかw
 
ちなみに型落ち買えばかなり安いのがグラボ事情、また新し過ぎても動かないので、値崩れw本当に難しいですが、X570も1年前に1万円で投げ売りされていた訳あり返品商品を購入して、ずっと置きっぱなしw無事動いてよかったwまあPCは難しいので相性やらドライバが問題で動かないこと多々あり。1070ti3万は1660ti買える値段でパフォーマンス一緒なんで、ゴミ買うようなものなんでやめた方が良いでしょうw1060の1.5万なら1660買うより7千円ほどお得ですが、まあ要らんかなwとにかくパソコン部品は中古買うなら型落ちなし。型落ち買うくらいなら、ワンランク下の新品買った方がいい。
 
 
あと次世代ゲーム専用機もグラボも、遊んですぐに辞めて電源切ると熱で壊れるので、ゲーム辞めたら、ファンをしばらくまわして冷却する必要があり。辞めたら15分程度はアイドリングしてから電源を切らないと、今の時代のグラボは熱が半端ないことも知っておく必要がある。
 
しかし本当に4K Gameは凄いとしか言いようがない。
これからこうなって行くと言ってもSEが2016/12なんですでにこれはもう3年前のゲームでベースは10年前でこのクオリティーこれからどんどん凄くなっていくと本当に楽しみですが、ゲームばっかりやっているので、そろそろヤバイねw本当にハマりそう。今は4Kグラを楽しんでいる感じでもあるけどwストーリーは細かいのがポツポツクエストをこなしていますが、ほとんど引き受けてほったらかしwでもずっと待っていてくれるのでまあ時間はあまり関係ないっぽいので、待たして置けば良いかと。